中古ドメインと新規ドメインはどちらを使うべき?

パソコンの画面の上にあるSNSアイコン

始める時には中古ドメインと新規ドメインのどちらを使うべきなのかと悩むことがあります。もちろん現在利用しているブログなどに広告を掲載したり商品を宣伝することはできますが、やはり効果が高いのは独自のサイトを持つことです。そのためにはドメインが必要であり、より効果的な方法を模索しなければなりません。ドメインというと新しく取って作るという方法しかないと勘違いしている人がいますが、過去に誰かが使っていたドメインを再利用することも可能であり、中古には中古の良さがあります。

一般的には新しいドメインを作って取ることが多いようです。新規ドメインはドメイン指定事業者と契約を結ぶことで取得でき、いくつかの大手の事業者はとても有名です。メリットとしては、サービス名と同じにすることで一定のブランドを確立できる点であり、長期的な認知度を高めることができます。デメリットもあり、新たに取得したものはクローラーや検索エンジンにとって認知度が低いので検索の上位にあがるまでに時間がかかりますし、更新頻度やページ数を増やしてもすぐに成果が出ません。

中古ドメインはオールドドメインとも呼ばれ過去にサイトで使われていたものであり、サイトを閉鎖し、期限切れで手放されたものです。運営されていたサイトのドメインパワーをそのまま引き継ぎますので、クローラーや検索エンジンにも見つけてもらいやすいというのがメリットです。ドメインパワーは魅力的ですが、SEO効果についてはあまり効果的ではない可能性があります。被リンクの質も重要であり、運用歴も中古ドメインの質を左右するのですが、中には好ましくないジャンルのサイト履歴があって好ましくない被リンクを受けているものもあるようです。利用するのなら運用歴についてもきちんと調べておかないと、期待するような結果を得られないかもしれません。

アフィリエイトを始める時にはメリットだけでなくデメリットまで確認し、より最適な選択をするべきです。中古ドメインならドメインパワーによって順位変動にも良い変化が現れますが、ブランディングに影響があると新規で取るしかありません。アフィリエイトでは順位変動はとても気になる部分であり、良い作用が得られる方を選ぶのが普通です。

ちなみにコーポレートサイトでは中古ドメインは適さないといわれています。コーポレートサイトではSEO効果を考えるよりも、しっかりと作りこんで長く運用していくことが大事だからです。しかし、アフィリエイトサイトでは利用できる部分がたくさんあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧