記事見出しを適切に使うことによる効果とは

タイトルに興味を持ってサイトを訪れてくれた人でも、内容に少し目を通しただけで去ってしまうことがあります。もっとも大事なことは読みやすい記事にすることであり、読みやすさを左右する要素の一つに見出しがあります。記事の最初には導入分を書き、次に見出しで区切っていくわけですが、もっとも重要なのはh1である見出しであり、次に重要なのは大見出しのh2です。そして更に小見出しのh3と続き、内容を整理することができます。

必要なキーワードはタイトルだけに入れれば良いと考える人がいますが、実際にはh2にも必要です。h2に入れることで冒頭でも結論を書けるようになり、滞在時間を長くすることができます。サイトを訪問する人達は何らかの情報を求めていますが、最初の方に求めている情報が載っていないとそのサイトに用はないと離れてしまいます。最初に結論を書いてしまえば必要な情報があることを示せますので、滞在時間をのばすのに有効な手法です。

検索キーワードに対する答えを一つ目のh2に記載したら、h3に入れる内容もしっかりと考えます。見出しを付けて階層を作ることで読みやすさは格段にアップし、瞬時に必要な情報を把握しやすくなります。見出しで区切りをつけることで文章にもリズムが出て、内容がスムーズに頭に入ってくるようになることも見逃せないポイントです。リズムのない文章はどこに大事なことが書かれているのかを調べるのがとても大変ですし、長い文章になると途中で読む気が失せてしまいます。

h2やh3をいくつか使うと階層を分けるだけでなく項目ごとに記事を分けられますので、読みやすさにつながります。項目ごとの長さをあらかじめ考えておいて、それをオーバーしないように作成していくことも、スッキリとした記事を作成するために重要です。検索をしてたどり着いた人達は必要な情報だけを素早く入手したいと考えていますので、目的の記事が書かれている項目に詰め込み過ぎるようなことは避けなければなりません。

このように細かなことまで気を使うと、読みやすい良い文章を作ることができます。作成してみても分からない時には、読み手の気持ちになって考えてみるのがおすすめです。自分がキーワードで検索を行い、その結果表として示された記事を読んでいるようなつもりで見てみると、読み手にどのように見られているかが分かります。訪問者を増やしたい時には、常に読み手を意識しながら作成することが大事です。

関連記事