ASPの仕組みを解説します

パソコンの画面とIEアイコン

実際にアフィリエイトを始めるにあたり、知っておきたいことがあります。それはASPの仕組みです。ASPという名前は聞いたことがあっても、その内容についてはあまり詳しく知らないという人が多いのですが、アフィリエイトを行うのならこの知識が必要不可欠です。

ASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダーの略であり、インターネットを中心にアフィリエイト広告を配信するサービスプロバイダーを指しています。アフィリエイターが登録すると、そこにある商材の中からアフィリエイトに活用できるものを選んで掲載できるようになり、売れたら一定の割合で報酬を得られます。

詳しい内容を見ていくと、広告主が商品の広告をASPに登録してアフィリエイターに紹介すると、その中から選ばれたものが販売されてお客さんが広告主にお金を支払う仕組みです。広告主が広告費をプロバイダー側に支払うと、それがアフィリエイターの報酬になります。

アフィリエイターが販売する際には事前に提携をしておく必要がありますので、利用したいものが見つかったらまずは申請をしておきます。申請が通れば提携されている状態になり、広告を自由に貼ることが可能です。申請すれば誰でも承認が得られるわけではなく、中には却下されるケースもあります。承認が得られなければ広告を利用することができませんので、別のものを探さなければなりません。

どこのASPを選ぶのが良いかはジャンルによって違ってきます。ジャンルごとに強いサービスがありますので、事前にしっかりと調べてから利用するのがおすすめです。中には収益が上がるようにアドバイスをしてくれるところもあり、アドバイスをもらえば現状での問題点を冷静に把握することができます。セミナーなどを積極的に開いてアフィリエイターを支援しているようなASPもありますので、手探りで始めた人は勉強してみると良いかもしれません。

自己アフィリエイトで稼ぐ方法もあり、通常は自分以外の誰かが申し込みを行うことで成果が発生しますが、自己アフィリエイトなら自分で申し込んでも発生します。この場合はブログやサイトで商品を紹介しなくても、使っているASPでログインした状態で申し込めば成果になります。自己アフィリエイトだけで稼ぎ続けることはできませんが、元々購入する予定になっていたものなどを見つけたら利用しない手はありませんので、一つの手段として覚えておきましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧